ネックレスに関する情報が満載!

首元飾るネックレス

ネックレス修理のマメ知識

ネックレスを日頃使用していると、チェーンが切れてしまった事がある。
そういう方は多いかと思います。
チェーンが切れた、といっても、どの部分でどのような状態かによって、修理に出さなくても大丈夫な可能性があることをご存知でしょうか? ネックレスと一口にいっても、いくつも種類があります。
テグスや糸で通さられたビーズネックレスであれば、糸を交換しなければならない事が多いでしょう。
金属のチェーンの場合、留具付近の丸カンなどに隙間ができ、チェーン切れのような状態になる事があります。
この場合、小さくてもペンチなどが家にあれば、丸カンの口を閉じれば以前のように使用する事ができます。
わざわざお店に持って行き修理する必要がないかもしれません。
また、トップとチェーンが取り外せるタイプであれば、チェーンのみで販売しているお店もあります。
ネット通販などでも購入する事ができ、材質など選べば、修理するよりリーズナブルにチェーンを購入することもできます。
チェーンの状態、ネックレスの種類や用途に合わせて、最適な方法を選択するのも良いのかもしれません。

ネックレスのチェーンが切れたら修理をしよう

長い間使っていなかったなどで、ネックレスのチェーンが切れてしまった場合、処分する必要はありません。
チェーンが切れただけならば、修理をしてもらえば元通りにすることができます。
直したところが目立つようなことはなく、ほぼ元の状態になるといえます。
ネックレスを修理すれば、再びつけることができます。
またネックレスの長さも調整することができますので、修理の際に依頼するということも可能です。
チェーンが細かく切れて直す箇所が多いと費用が高くなってしまいますが、一か所程度ならば数千円程度で直してもらうことができます。
高額な費用が必要ではないので、誰でも利用しやすくなっています。
チェーンが切れたから、もう駄目だと諦める必要はなくまずは業者に相談してみるとよいです。
一週間以内に直す所が多いので、短期間で手元に返ってきます。
業者によって、費用や時間には違いがありますのでしっかりと直すだけの技量があるかを確認して選ぶとよいです。

Favorite

中学生 留学

最終更新日:2017/5/26