ネックレスに関する情報が満載!

首元飾るネックレス

コーディネイトのポイントはネックレスでつくる

最近ではバッチリ決めたファッションよりも、ナチュラルで抜け感のあるファッションが流行っていますよね。
服もシンプルで上質なものを好む方も多いのではないでしょうか。
無地のVネックニットに、ストライプの綺麗めパンツや膝丈スカート等、シンプルにまとまっていて素敵ですよね。
でも逆の見方をすれば、同じようなコーディネイトばかりでつまらない、シンプルすぎてファッションのポイントとなる部分がないという印象を持たれてしまう可能性があります。
そこで使いたいのが、ネックレス。
ネックレスに限らず、首回りにアクセサリーやストールを使うと、視線も上に上がるのでスタイルが良く見える効果もあります。
ネックレスも小ぶりなものから、何連にもなったじゃらじゃらしたもの、ロングネックレス等様々な種類があるので、同じ服でもアクセサリーを変えるだけで、雰囲気が変わります。
大ぶりのビジューアクセサリーも顔周りが華やかになっていいですね。
同系色のブレスレットや指輪もすると、更にお洒落感が増しますよ。

見せたい自分に合わせたネックレスコーディネイト

ネックレスといっても長さやデザインの違いなど、数多くの種類があります。
好きなものを好きなように身に付けるのも良いですが、ネックレスの付け方一つで、自分の印象を変化させることができます。
長さが違うだけで周りからの印象が変わってきます。
短めのチェーンですと、顔周りの印象が華やかになります。
ジュエリーショップなどでも良く売られてい長さで、40センチ~45センチくらいのものです。
首周りが大きめの方は50センチくらいが該当します。
それより長くなると、ネックレスのトップが胸元あたりまできます。
胸の大きく開いたドレスなどを着用する時には、大きめのトップが胸元にくると、全体の印象が美しくなるでしょう。
胸元より更に下に来るものは。
短いものと重ね付けするのにも最適です。
組み合わせにもよりますが、個性的な印象が強くなります。
自分がどのように見られたいか、どんなシーンで身に付けるのか、長さだけでも大きく印象が変わりますので、それも参考にコーディネイトを楽しんではいかがでしょうか。

pickup

キャビンアテンダント 大学

2017/5/26 更新